二見浦 いけず石・石勘當発見

「いけず石」とは道のコーナー(四つ角)に置かれた石のこと。目的は家屋や塀・垣根を守る役割。いわゆる自己防衛のガードレールです。「いけず」(行けず)とは関西弁で「意地悪」という意味。
         d0227610_430391.jpg 民家コーナー        d0227610_431943.jpg ご存知伊勢名物の餅屋さんコーナー












夫婦岩近く 旅館K楼さんコーナー

d0227610_438323.jpg石敢當(いしがんどう、いしがんとう、せっかんとう)は、石敢當などの文字が刻まれた魔よけの石碑や石標。石敢当、泰山石敢當、石敢東、石散當、石散堂、石厳當と書かれたものもある。T字路や三叉路の突き当たりの所に掲げる魔除けの護符で 沖縄では、どこでも見かける物ですが、もともとは中国が起源だそうです



花屋の旦那 投稿29回目 ブログに投稿を始めてから デジカメをいつも携帯するように心掛けている。すると 時には偶然とはとは云え 素晴らしい・珍しい・気づかなかった場面に出くわす。
今回の自己評価 セカンドへのポップフライ     2011.07.23

花屋の旦那にも
↓応援クリック よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジメントへ
にほんブログ村
[PR]
by ateliermirai | 2011-07-24 04:27 | 二見浦 あれこれ | Comments(0)

三重県伊勢市の花屋アトリエ未来からのお知らせ


by ateliermirai
プロフィールを見る
画像一覧